事前に対策したい!自立神経失調症

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう病気です。不規則な生活やその生活環境におけるストレスが原因であることが多いのです。

風邪

そのため、ストレスの無い規則正しい食生活を心掛けることが大切です。バランスの良い食事摂取も脳の活性化に役立ちます。特にミネラルやビタミンA・B・C・Eは自律神経の症状を緩和させる効果があるのです。

大事なのはストレスのない生活!

まずは、ストレスの無い生活環境にするために、職場やプライベートでは、良い人間関係を築くようにしましょう。

それでもストレスを全く感じることがない生活環境は不可能です。精神的にしんどいことだけでなく、引越や昇進・結婚等、生活環境が変わったり、嬉しいことが急に起こったりするだけでも脳がストレスだと感じてしまいます。ですから、そのストレスを発散し、生活環境の変化にも慣れやすい柔軟な性格になれるよう努めましょう。

どうしても溜まってしまうストレスは笑うことで発散!

また、笑うことは良いストレス解消になります。
でも、無意識の自分の感情は案外わからないものです。

そこで、鏡を覗くことで、眉間にシワが寄っていたり、恐い顔をしていたりする自分の顔に気付くことで、鏡の中で笑ったり百面相をしてみたりして楽しい顔をしましょう。ストレス発散に効果的です。

太陽の光を浴びて有酸素運動をするのもリラックス効果があり、体内時計のセットもできます。また、息を大きく吐く腹式呼吸をすることで、交感神経を副交感神経へと強制的に切り替えることができます。

頭の中も真っ白にできるので、寝る前に行うと睡眠に入りやすい脳になれます。

このような対策を知っておくだけで、自律神経失調症にならないための対策になるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ