もしかして、隠れ「自立神経失調症」?

“隠れ「自律神経失調症」”とは、自律神経のバランスを崩して「自律神経失調症」を患ってしまったストレスの原因が精神的なものではなく、別の病気が原因の身体的ストレスにある場合をいいます。

風邪

“隠れ「自律神経失調症」”はいくら薬を飲んで症状を抑えても、根本原因の病気を治さないと薬漬けになるだけで症状は治まりません。奈良 整体でもそういわれています。

では、具体的にどういうケースが「隠れ自律神経失調症」となるのか?

例えば斜視が原因で眼精疲労からなる「自律神経失調症」や、外反母趾や指上げ足(浮き指)等の不安定な足裏による骨盤・背骨・脛骨の歪みが原因の、慢性的な膝・腰・肩凝りから、「自律神経失調症」を引き起こしてしまったような場合です。

このように自律神経失調症の原因が骨の歪みにある場合は、西洋医学の検査では原因不明の場合が多いので、医師に心療内科・精神科の医師に「自律神経失調症」と診断されます。

しかし偶然、肩凝りや腰痛で整体・整骨院で体の歪みを指摘され、足裏と骨の歪みを改善することによって、自律神経失調症も治ってしまう場合もあります。
月島治療院東京 整体でも、多くの事例が報告されています。

一方、ストレスが原因で起こる病気でも、円形禿や胃潰瘍をはじめ、胃・腸・小腸・十二指腸・呼吸器系臓器に現れる「心身症(病気の総称)」の場合は、ストレスが改善されずに再発を繰り返す人もいますが、自律神経失調症やうつ病にはなりにくいといわれています。

心療内科や精神科では、“隠れ「自律神経失調症」を排除するために、患者の体のさまざまな検査をし、病気の要因を徹底的に排除した上で、さらに生活環境の細かい問診をして「自律神経失調症」の診断をするのです。

脳は、嬉しいことが起こった場合も、緊張等でストレスと感じることもので、細かい生活環境の変化でも医師には伝えるようにしましょう。

自律神経失調症と診断されたらどうする?

  1. まずは病院で診断を受けましょう。
  2. 薬や病院の療法を受けましょう。
  3. それでもよくならない場合、鍼灸や整体などと併用するのも良いと思います。

自律神経失調症専門の整体院に行ってみた。

最近は病院だけでなく、整体でも自律神経失調症に良い専門整体があるとのことで、実際に行ってみました。八王子 整体のはちおうじ みずきどおり整体院さんでは、私の考える整体やマッサージとは違い、詳しい説明や運動指導があり、根本から解決する提案をしていただけてとても良かった。満足である。また、漢方や鍼灸も良いとのことで是非チャレンジしてみたい。

治療はもちろんですが、目に見えにくい病気だからこそ、理解者がいるのがとても心強いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ